「Youtube」でカメラ関連情報を見てみる

【徹底解説】待望のFUJIFILM X-S20発表!バッテリー問題はいかに!?

たかし

2023年6月29日にX-S20が発売されましたね!

僕もそうですがXS-10を使っていた人にとっては待望のカメラではないでしょうか?

XS-10はバッテリー短すぎる問題があり、今回はそれが解消されているのか、オートフォーカスなどは上位機種と同じなのか!?早速見ていきたいと思います。

XS-20も写真も動画も楽しめるミラーレスカメラとなっています!

ぴーちゃん

富士フイルム フィルムシミュレーションの色味は最高で、撮って出しで感動を与えてくれるよね!

Fujifilm公式サイトより

おすすめレンズの記事もあるので気になる方はぜひこちらも

目次

高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を搭載

「X-S20」は

  • 裏面照射型約2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」センサ
  • 高速画像処理エンジン「X-Processor 5」

を搭載

たかし

XS-10に比べて操作時の動きが断然良くなりました!

大容量バッテリーを新たに搭載

たかし

上位機種で使用されているバッテリーと同じものになりました!

写真撮影可能枚数としては800枚となり、従来の2倍以上のバッテリー持ちになりました。

ぴーちゃん

xs10のバッテリーの持ちが悪いのがネックだっただけに
これは嬉しい改善!

ちなみに、モノグラフの堀口さんによると、4K30Pの撮影を1時間半撮影できたとの情報もあるので、動画撮影においてのバッテリー持ちもしっかりと改善されています。その際、室内温度26度での撮影とのことですが熱停止は見られなかったとのことです!

「FUJIFILM X-T5」同等のAF

たかし

「Xシリーズ」の第5世代モデル
「FUJIFILM X-T5」同等のAF機能を搭載!

動物や車をAIで検出できる被写体検出AFを搭載し、瞳オートフォーカスなどもはずすことなく、速くて正確なAFとなっています。

自分もXH2Sを使用していて感じましたが、富士フィルムのAFもだいぶ良くなり、SonyのAFに近づいているなという印象でした!

今回はAIでの検出機能がさらに向上したとのことで、AFを特別する必要はないかなと思います!

ぴーちゃん

旅先にさっと撮る時にAFが早くて認識も正確なのは嬉しいよね

6.2K/30P 4:2:2 10bitでのカメラ内SDカード記録を可能

X-S20は6.2K/30P 4:2:2 10bitでのカメラ内SDカード記録が可能となっています!

たかし

6.2Kも必要か?と思われるかもしれませんが、4Kで書き出しするのであれば1.5倍程度クロップできます!

ぴーちゃん

ワンオペで撮影していて、少しズームしたいという時に、あとから編集でクロップすることができる!

印象的なシーンにしたい、強調したいという時にあとからのクロップ用として使えるので6.2Kで撮影できるのは嬉しいですね

まとめ

今回はXS-20について見てきました

要約すると

小ささ・軽さ・バッテリー持ち・手ブレ補正などVlogとして必要な機能を十分以上に満たしている機体

として高く評価できると思います!

AF性能もよく、手ブレ補正も効くので気軽に持ち運ぶことができ

『初心者の方で、これからカメラを始める!』という方にぜひおすすめできます!

たかし

写真と動画を両方楽しめるのも良いですね

一点、値段が気になりますよね。。。

価格に関しては、205,400円(2023年9月時点)となっています

もう少し値段が下がるとこれからVlogを始めたい方にとっても手を出しやすい金額になりますが、性能がとても良いので仕方のない部分ですね!

Vlogをこれから始める方で、もう少し金額を抑えたいということであれば

SonyのVlogcam「ZV-1Ⅱ」が13万円程度なので候補に入れても良いかもしれません

富士フィルムの映像は撮って出しでもとても綺麗な画で、おすすめのカメラです。購入を考えられている方は、是非この記事も参考にしてもらえればと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次