「Youtube」でカメラ関連情報を見てみる

【人物撮影時のライティング】3灯照明について

3灯照明について

今日は、様々な照明技術がありますが、その中でも基本的で重要な「3灯照明」について見ていきたいと思います!

ぴーちゃん

インタビューの時とかに使える照明知識だね!

たかし

ぜひ覚えておきたい知識だから、おまけ部分も含めて読んでね

目次

3灯照明とは

3灯照明とは、キー・ライト、フィル・ライト、バック・ライトの3つからなります!

それぞれのライトは下図のような位置関係になります

高さや角度は下図のようになります!赤色の部分をよく使用する領域になります!

キー・ライト

キー・ライトを右と左のどちらから当てるかは、演出面での要望に加えて、被写体の特徴によって変わってきます!

例えば前髪が右目にかかっている女性の場合

右からキーライトを当ててしまうと、顔に影ができてしまいます。なので左からキーライトを当てるようにして顔の表情がわかるように照度を調節していきます。キーライトの位置を決めるためには、しっかりと被写体の要望を聞き取ったり観察する必要があります!

ぴーちゃん

キー・ライトは、平面、高さ方向ともにプレーンの位置(45度)から当てるのが基本だよ。

たかし

オンサイド・キーとオフサイド・キーの言葉の意味も確認しておこう!

インタビュー撮影時、真正面から撮影する場合もありますが、被写体の斜め横顔を撮影するケースが多くあります!人物の顔の左右のどちらからキー・ライトを当てるかで、呼び方があります。

  • カメラに近い側からキー・ライトを当てる方法を「オンサイド・キー」
  • 逆にカメラから遠い側からキー・ライト当てることを「オフサイド・キー」

カメラの位置を決定する時は、被写体が利き顔(その人がどちらから写真や映像を撮られたら良いか)をすでに知っている場合もあるので、どちらから撮られるのが好きですかなど聞くようにしましょう!

フィル・ライト

フィル・ライトは、キー・ライトの斜め前方反対側から当てます。

たかし

フィル・ライトの主な役割は2つ!
①「キー・ライトによってできた影の緩和」
②「キー・ライトで足りない部分への照明」

ぴーちゃん

フィルライト用の照明が準備できない場合には、レフ板などを活用!

後にも書いていますが、基本的に、キーライトよりも弱い光を当てます。ということでライト側で光の調節ができない時の対策を書いておこうと思います!

  • ソフトボックスを使って、光を拡散
たかし

下記のようなソフトボックスを持っておくと減光効果だけではなく、
柔らかい光を作り出せて便利

  • 2つ目は、ライトの配置する距離を使って照度を調節する方法です。照明の照度は距離の2乗に反比例します。
ぴーちゃん

フィルの照度をキーの1/2にしたい場合は、フィル・ライトをキー・ライトに比べて2倍の距離をとれば良いんだね!撮影場所が広ければ使える方法だね!

たかし

フィル・ライトによって新しい影ができないよう注意しておこう!

フィルライトの位置に関して

キー・ライトよりも正面に近い位置から当てると良いです。例えば、キー・ライトが右45度位置なら、フィル・ライトは左30度位置に置く

バック・ライト

バック・ライトには被写体の輪郭を浮かび上がらせる効果があります。

髪の毛や肩の線がはっきりし、立体感や質感が向上します

ぴーちゃん

髪の毛や肩の線がはっきりして、立体感や質感が向上するよね!
光によってキラっとしたツヤのある髪の毛になるよね。

たかし

あまり光を強くしすぎに、自然な光を高さ50度くらいから当てることが多いかな。強くすると演出的になるので場面によって使いこなそう!

それぞれの光の強さの調整

あくまで目安にはなりますが、一般的な各ライトの照度のバランスをお伝えします

ライトの種類照度比
キー・ライト1(基準)
フィル・ライト1/3~1/2
バック・ライト1/2~1超

【おまけ】チューブライトなど

バックライトではないけど、後ろにNANLITEのチューブ置いてる人もいます!ガジェット系Youtuberの方などがよく置いていたりしますよね。

ウォールウォッシュライトのように、壁際にチューブライトなどを光らせると空間に奥行きが出来、より立体的な映像表現ができるようになります。やりすぎは注意ですが1つの方法として覚えておきましょう!

今回は3灯照明について見てきました!人物撮影の時には特に必要になってくる知識となっているので参考にしてもらえればと思います。

3灯照明について

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次