「Youtube」でカメラ関連情報を見てみる

【レビュー】360度カメラは8K撮影のInsta 360 X4がおすすめ!

【製品レビュー】初めての360度カメラはInsta 360 X4がおすすめ!

今回は、360度カメラを初めて使用される方に向けて記事を作成させていただきます!

360度カメラは「編集が大変そう」「画質が劣化しそう」などのイメージがあるかもしれませんが、8K撮影のInsta 360 X4は、撮影後の編集もInsta 360 Studioで簡単に直感的に編集ができ初心者の人にもおすすめ

実際に使用した感想をたくさん書いているので、購入を迷われている方はぜひ参考にしてください

たかし

僕も今回のInsta 360 X4が初めての360度カメラになります!

X3は5.7Kでしたが、

2年ぶりの登場した新作Insta 360 X4は8Kになり解像度が上がりました!

360度カメラでもしっかりとした画質で楽しむことができ

後からベストなアングルが切り出せるということでアクション系だけではなくVlogなど様々な場面で活躍できる

カメラとなっています!

ぴーちゃん

Insta360 X4の提供をいただきましたが正直なレビューをします!

Insta360公式サイトで商品をチェック

「下の画像を見ただけでどうなっているだ!?」と思いますよね

Insta360 X4はこのような不思議な映像を「簡単に表現できるカメラ」となっています!

こちらの動画でも作例と共に詳しくinsta360 X4をレビューしています!
目次

Insta 360 X4の基本スペック

まずはInsta 360 X4のスペックを簡単に見ていきたいと思います!

センサーサイズ1/2インチ
絞りF1.9
360度動画モード8K30p、5,7K 60 fps、4K100pのスローモーション
シングルレンズモード4K60p
ミーモード4K30p
最大写真画素数約72MP カメラ内AIノイズ低減機能付き
動画モード動画、アクティブHDR、タイムラプス、タイムシフト、バレットタイム、
ループ録画、プリ録画
写真モード写真、HDR写真、インターバル、スターラプス、バースト
カラープロファイル標準、鮮やか、フラット
重量203g
充電時間38分で80%まで充電、55分で100%まで(充電9V/2Aアダプター使用時)
連続録画時間5.7K30fpsで135分*ラボ環境にて。 8K30fpsでの連続撮影時間は75分
Insta 360 X4のスペック表(簡易版)
たかし

8K30pの撮影や、4K100pでスローモーション撮影ができるのが嬉しい!

ぴーちゃん

X3から機能はバージョンアップしたけど、大きさや重さがそこまで変わってないのも嬉しいところ!

他の特徴としては、ジェスチャー操作や音声操作(日本語対応)、10m防水、見えない自撮り棒などがあるかなと思います。

画面操作も反応が正確で早く使いやすいです

一番最初にインストラクションが出てくるのでそれは見逃さないで説明を聞けば一通りわかるかと思います

スマホでのAI編集も簡単にできるのが嬉しいですね!

(動画からの切り抜き)AI編集前
(動画からの切り抜き)AIによるアニメ風の編集後
ぴーちゃん

自撮り棒が自然に消えるのがすごい

38分で80%まで充電可能、5.7K30fpsで135分撮影することができるということで、バッテリー関連も安心なカメラになっています!

たかし

昼から夜までみなとみらいで撮影していたけど
バッテリーも大容量で安心でした!

360度モードの8Kがすごい!

以前のモデルのX3の5.7Kだと、横長動画では画質が少し物足りない部分があったのですが

360度全てで8Kなので、実際にはクロップされる形になりますが、かなり実用的に使えて綺麗です!

下の写真も360度モードの前面を切り抜いた感じです!

360度取れるカメラとなっているので撮影している時は画角を気にしなくて良いのがポイント

お子様の動画を撮影していても、子どもの様子を撮りつつ

自分たちの反応も撮影ができるので

面白い瞬間などを見逃すことがありません!

insta 360 X4なら普通のカメラでは撮影できない画角で撮影できるのも良いですね!
360で撮影しておけば、このような球体にも簡単に編集できます

8K撮影ができるようになり、動画容量も大きくなりやすいので256GBなどの容量が大きいマイクロSDカードがおすすめ

早い動きのものに対しても5.7Kの60pや4Kの100pなどのフレームレートが高いものを

編集をあまりしたくなければ、「シングルモードやMiiモード」

たかし

360度カメラとしても、アクションカメラとしても
活躍するのがX4のすごいところ!

シングルモードにすると

アクションカメラのように、1方向のみを撮影でき、あとから編集しなくてもすぐにスマホなどで映像をみることができます!

Miiモードも便利ですね

カメラを垂直にたてて撮影しているのは、スポーツの時は難しかったりしますが

Miiモードなら地面に並行になるようにカメラと自撮り棒を前に出せば良いので楽に撮影できます!

どちらもしっかりと4kで撮影ができます!

Insta 360 X4の暗所性能はどうなの?

続いて、Insta 360 X4の暗所性能について話していきたいと思います!

結論から話すと、暗所での動画撮影ではどうしてもノイズが入ってしまいます

夜間であっても、街中の街頭などで明るい場所なら十分対応できるかなといった感じです

暗所での撮影の場合、Insta 360 X4側で暗い場所での撮影であることを認識し

8Kではなく、5.7Kの比較的ノイズが出にくい設定にしてくれます!

ぴーちゃん

そのあたりの認識機能もすごいよね!

たかし

ただそれでも下の画像のようにノイズがどうしても入ってしまいます

夜のみなとみらい(Insta360 X4の5.7Kにて撮影)

Insta 360 X4におすすめアクセサリー

プレミアムレンズガード

360度カメラということでどうしてもレンズが出っ張りが気になります

標準レンズガードももちろん付属するのですが

プレミアムレンズガードが特におすすめです!

より綺麗な状態で、傷がつきにくくなっているプレミアムレンズガードおすすめです!

撮影する時は、メニューからプレミアムレンズガードのモードを選べば最適化して撮影してくれます

114cm見えない自撮り棒

見えない自撮り棒があると、簡単に高さを出すことができ

非日常的な映像を撮影しやすくなります!

見えない自撮り棒は本当に綺麗に消えるので違和感なく使用することができます!

さらに高いところからの撮影をしたいという方は

3mまで伸ばすことができる超長い自撮り棒もおすすめです!

マグネット式ネックホルダーマウント

両手を塞ぎたくという方もいると思いますが

そんな人にはマグネット式ネックホルダーマウントがおすすめです!

マグネット式ネックホルダーマウント

ハンズフリーで、完璧なPOVショットを撮ることができます!

自分もInsta360 Ace Pro を首から下げてX4の撮影風景をPOV撮影していました

マグネット式ネックホルダーマウントを使ってPOV撮影

Insta360 X4のアクセサリーをチェック

Insta 360 X4の編集はスマホで簡単に

さすがInsta 360で

「自動での編集」や「AI編集」 が特殊な知識など必要なくスマホ編集することができます!

ぴーちゃん

AIワープなどは印象的なエフェクトなどをつけてくれるので
動画のアクセントとしても活用できます!

下記の画像もAIで自動でアニメチックに編集してくれました!

これは切り抜いて写真になっていますが

実際には、動画をAI編集することができ、音楽などもつけることができます

(動画からの切り抜き)AI編集前
(動画からの切り抜き)AIによるアニメ風の編集後

AI編集は、作業が重いので少し時間はかかります

Insta 360 X4を使った感想・まとめ

今回は

Insta 360 X4のレビューをしてきました!

8Kになったことで映像の画質が上がっているのはもちろんのこと

撮影後の、編集がかなりしやすいので

初心者にもおすすめの360度カメラだなと思います!

ぜひ、購入を迷われている方は公式サイトでの作例などもみつつ参考にしてもらえればと思います!

【製品レビュー】初めての360度カメラはInsta 360 X4がおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次