「Youtube」でカメラ関連情報を見てみる

【記事作成の鉄則】ブログで気にするべき4つのこと

記事作成の鉄則を4つご紹介

今回は、記事作成の鉄則をお伝えしていきたいと思います!

たかし

何を注意したら良いかこの記事でわかるのね!

ぴーちゃん

具体的な数字も挙げていてすぐに始められる対策です!

いくつも注意点もあると、最初は大変だと思うのでまずは、下の4つを考慮するようにしてください!最近はAIでも記事が書けますが、AIを活用する方も下記のポイントは必須項目になるのでぜひ参考にしてください。

目次

記事タイトルに全力を尽くす

これは、「Youtubeでサムネに力を入れる」のと同じようにブログでは記事タイトルに全力を尽くします!

もちろん「検索の時に引っかかるキーワードをしっかりと入れる」というのがまず大切なことになります。

そして、検索1ページ目に表示された時に、より興味を惹くためにも

「ついつい見たくなる」記事タイトルにしないといけません!

ぴーちゃん

なるほど、具体的にどうしたら良いんだろう

「富士フイルムのカメラ使ってみました」というタイトルではなく

こういったタイトルの方が、記事を読んでみたいと思いませんか?

『旅を10倍楽しくしてくれた富士フイルムカメラ』

こうすると、旅でも持ち運びもしやすくて、綺麗な写真などが楽しくカメラなのかなと想像することができます。

また、10倍楽しくなどのように、数字が入っていると注目しやすくなりますね!

タイトルには正解はないので、さまざまな記事タイトルを考えると良いと思います!

こちらの記事でも記事タイトルについて話しているので興味のある方はぜひ見てください!

キーワードを考える時は、キーワードプランナーやGoogle Analyticsなどの活用が良いかと思いますし

タイトル作成に悩んだときは、「はてなブックマーク」記事タイトルが参考になるかもしれません↓

文章はキーワードを意識しながら〇〇文字以上

記事を書く時に気になるのは文章量ですね!

ここでは、単体の記事での文字数をお伝えします。

ずばり2000文字超えになります

ぴーちゃん

2000文字ってなかなかの量だよね

記事などを読んでいると、シリーズ系(これもブログ始める方向けのシリーズものですが)の場合には、2000文字よりも少なかったりします

「カメラ新製品の噂まとめ」などもそこまで文字量はないかと思います。

ただ、「自分の気に入っている商品紹介」や、「おすすめスポット〇〇選」などの記事を書く際には2000文字を越えるように書いていきましょう!

最初は大変かと思いますが、慣れてくるとあっという間に越えるようになってきます。また、本文の文章の中や見出しなどでもキーワードを散りばめるようにしてSEO対策もしっかりととるようにしましょう!

SEO対策に興味がある方はこちらもおすすめです↓

写真は〇〇文字につき1枚入れること

みなさんはネットサーフィンをしている時全部の文をしっかりと読んでいますか?

ほとんどの人は読んでいるのではなく、”見ている”感覚だと思います!

たかし

たしかに、太字やイラストなどを見て大枠を理解するかも

基本的にサイトに見にきてもらっている感覚を持ちましょう!

ページにアクセスしたときにそのページに留まるかどうか判断する時間は「3秒」と言われています。

ぴーちゃん

人の初対面での印象も3秒で決まると言われるよね


3秒以内に読もう・見ようと思ってもらえなければ二度とその記事を開いてもらうチャンスはありません。

だからこそ

  • 読みやすくて、読む気にさせる記事にする必要があります

そこで500文字につき1つ写真やイラストを入れること!!

このサイトでも関連記事に写真をつけたり、吹き出しを出したり、色などを工夫しているのは

読みやすく、読みたくさせるためです

商用利用可能の画像検索サイトが使いやすいです。

ぱくたそや写真ACなどがありますが、気になる方は下記の記事から詳しく確認してください↓

データ量の多い写真を使いすぎるとサイト表示に悪影響などが出るのでその点は注意してください!

\ SEO対策が強いワードプレステーマといえばSWELL/

アフィリエイトリンクで宣伝ではなく〇〇をする

この記事を見られている方で、「ブログで収益化をしたい」という方がいらっしゃると思います。

ただゴリゴリにアフェリエイトリンクを貼りまくってもあまり効果がなく

逆にあなたのサイトから離れていってしまう可能性が高いです

サイト訪問者は、「買おうかな、どうしようかな」と悩んでいる状態で、記事を読みに来ます。

その時にいきなり売り込みをされると、サイトから離れていってしまいます

僕の場合は、アパレルショップでスタッフに急に声をかけられた時に、「あ、見ているだけです」と少し心を閉じてしまうですが、それと似ているのかもしれません。

そのため、記事の本文中や、末尾に「〇〇はこちらから!今なら送料無料キャンペーン中!」と宣伝のリンクを置くのではなく

「Amazonで〇〇を探す」
「〇〇の送料無料キャンペーンを期間限定でしているようです。」
「私は楽天市場のこのお店で買いました」

と、紹介する立場でのアフィリエイトリンクを貼るようにしてみましょう!

たかし

今回は【記事作成の鉄則】ブログで気にするべき4つのことを見てきました

ぴーちゃん

一緒により良いサイトを構築していきましょう!

記事作成の鉄則を4つご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次